Hibワクチンおよび肺炎球菌ワクチン接種に関して

20011年4月から三鷹市在住の小児を対象としたワクチンの公費助成が始まりました。お問い合わせは窓口、もしくはお電話でお願いします

(メールでは予約を行っておりません)

Hibワクチンはインフルエンザ菌による細菌性髄膜炎、喉頭蓋炎、肺炎に対する予防効果が確かめられています(いわゆるインフルエンザウイルスとは異なります)

肺炎球菌ワクチン(プレベナー)は肺炎球菌による肺炎に対する予防効果が確かめられています


子宮頸癌ワクチン(サーバリックス、ガーダシル)

三鷹市では2011年4月より子宮頸癌ワクチン(サーバリックス、ガーダシル)接種に関して女子中学生を対象に公費負担による助成を開始しました。ワクチン接種にかかる費用の9割を市が負担します。接種希望の方は窓口までお問い合わせください

ワクチンは、初回と1ヶ月後、6ヶ月後の合計3回接種していただきます(ガーダシルは初回、2ヶ月後、6ヶ月後)。3回接種していただくことで十分な免疫効果が得られ、その有効性は20年以上と予想されています。

 ワクチンの接種対象者は10歳からおよそ45歳までとしておりますが、公費助成の対象は「中学生のみ」です

当院ではサーバリクスよりもガーダシルの接種をお勧めしています。それはガーダシルのほうがカバーできる疾患が多いからです